ビットコインのバブル

2013年3月、その価格が100ドルを突破した日、成長を担ってきた男たちが祝杯を上げたという。ほんの3年半前、初めて“値付け”された価格
は0.00076 ドルだった。それから比較すると、実に13万1500倍もの値上がりを見せていた。暗号通貨「ビットコイン」のバブルに酔いしれた日だった。集まっていたのはアメリカのビットコイン取引所大手などの異名を取るベンチャー投資家たちだった。だが、 100 ドル突破は単なる通過点でしかなかった。それから 8か月後、ビットコイン価格はさらに10倍に値上がりし、 2013年11 月にはビットコイン=1200ドルを突破した。この急騰ぶりが世界で報じられることになり、ビットコインは一躍“時の通貨”となったのだ。
当然のように、メディアはこの急騰を「バブル」と報じた。「通貨」としてビットコインのチャートを見ると、その上昇ペースはたしかに異常だ。ビットコインは約4年で0.00076 ドルから 1200ドルへ、なんと157万8947 倍の値上がり! これをバブルと言わずして、何をバブルというのか。

ビットコインのバブル」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です