ビットコインを構成する「しくみ」を順に解説しましょう。

事実上複製できないデータである、ということは、パソコンやスマートフォンにあるビットコインは、本質的にはコピーできない、ということでもあります。パソコンが壊れてしまった場合、適切な処理をおこなわないと、その中にあったビットコインは取り出せなくなります。suicaなどのプリベイドカードなら、管理する企業のサーバーに取引情報が残されていて、機械の故障のようなシステム上のトラブルの場合には、たいていの場合、対処が可能です。

電子マネーでは、電子マネーサービスを提供する会社に若干のお金を預け、電子マネl利用に必要なICカードなどを得る「デポジット」と呼ばれるしくみが採用されています。デポジットも、取引情報をサービス元が把握し、万が一のトラブルに備えるためのしくみのひとつです。

しかし、ビットコインには管理元がないので、そういった「フェイルセーフ」は存在しません。まちがった相手に支払ってしまったり、金額をまちがえたり、自らのパソコンが壊れたりして、ビットコインを失う場合もあります。要は、現金の入った財布の管理と同じ、と思ってください。現金支払でミスをしたとき、お金が返ってくるかこないかは「相手の善意」に依存しますが、ビットコインも同様です。

ビットコインの消失を防ぐ方法もあります。

ビットコインの暗号を解く「秘密鍵(パスワード)」を使う方法です。ビットコイン利用時には、送金などに使う「ビットコインアドレス」ひとつに対し、ひとつの秘密鍵があります。秘密鍵を知っていれば、自分がいまいくらビットコインをもっているかを把握できます。ただし、秘密鍵の再発行はできないので、メモなどを残していない状態でパソコンが壊れると、ビットコインを取り出す方法も失われます。当然ながら、この秘密鍵を他人に知られると、ビットコインは盗まれてしまいます。

ここまで説明してきたように、ビットコインは「コピーできないデータを流通させるシステム」です。ビットコインそのものがコピーできないのと同様に、誰から誰にビットコインが受け渡されたのかという「取引情報」も暗号化され、複製・変更されないかたちで残ります。当然ですが、他人に取引情報が覗かれることはありません。

その反面で、秘密鍵を覚えていないかぎり、自分も取引情報を覗けません。だから、自分自身で注意しないと、消失が起きやすいのです。

では、ビットコインをどうやって流通させているのでしょうか? すでに述べたように、ビットコインはどこかが集中的に管理しているわけではありません。ビットコインの利用者がパソンにインストールする「ウォレット(財布)」と呼ばれるソフトが、ビットコインを管理する「ピア・トゥー・ピアネットワーク」を構成します。

集中管理するサーバーがなく、利用者のコンピュータをデータが渡っていくようなかたちで構成されるネットワークのことを「P2Pネットワーク」と呼びます。手紙を思い浮かべてください。郵便局が手紙を集め、他の場所へ送ってくれる様子は、サーバーによる集中管理そのものです。