ビタミンのなかでもも、ビオチンのことをビタミンHと言います。これが不足すると明らかに皮膚に傷害が生じてくると言われています。なぜ、生じるのかについて、再び引用します。外的要因と内的要因が結合して、アトピー性皮膚炎を生じさせるのです。

また、ビタミンHだけでなく、ビタミンB5などのビタミンもアトピーを改善させるにおいて効果があると言われています。

なお、ビタミンHの不足については、対応策としてはビオチン(ビタミンH)を十分に投与、処方する。善玉最近を増加させるために、ミヤBMの内服するなどが考えられます。現代の食生活ではビタミン、ミネラルが慢性的に不足しているので、いずれにしても、食事全般を見直す必要があります。玄米、黒砂糖、野菜を接種するなどの工夫が挙げられます。

また、アトピー悪化の主要因の一つとしてあげられるのが「活性酸素」です。活性酸素が暴れだすとアトピーが悪化する傾向ことになります。活性酸素は生理的過程で必ず産出されるものです。

具体的に活性酸素とアトピーの関係を理解しておくと良いでしょう。活性酸素は、内的原因により皮膚そのものが乾燥化傾向にあります。そのため、皮膚のバリア機能が低下するのが特徴的です。環境的な要因とバリア機能の要因とありますが、いずれにしても、活性酸素はアトピーの患者の重症化の要因の一つになると言われています。