湿疹症状のある人は、肌のデリケートな人はバリアクリームを使う人がいますが、ピリピリ感があったり、かゆみがある場合にはクリームを使用しない方が良いでしょう。そのため、バリアクリームは皮膚が完全に回復し、良くなってから使用する方が無難です。

クリームには様々な成分が含まれていますので、成分が肌に合わない場合には、使用しない方が無難ですし、そもそも、肌が極端に弱いアトピーの患者さんの場合、使用しない方が無難でしょう。

また、アトピーの患者さんに限らず、ナイロンタオルなど、ボディソープで身体を強く洗うことで皮膚が痛んでしまうケースもあります。ナイロンタオルは使わない方が良いですし、ボディソープなど界面活性剤が入った肌に悪い影響のあるものは使わない方が良いでしょう。

界面活性剤の作用のあある洗浄剤で肌のバリアが弱まることもありますし、ナイロンタオルでごしごし洗うと更に状況は悪化するので注意が必要です。肌のバリアを構成している成分には脂分が多いのが特徴的です。界面活性剤は肌の中にあるバリアとして働く成分が流れ出てしまうのです。そのため、洗い過ぎることはもちろん避けた方が無難です。もしくは、最初から界面活性剤の入ったクリームなどは使わない方が良いでしょう。