アトピー性皮膚炎は、ビタミンHとビタミンB軍が深くかかわっていると言われています。ビタミンと病気は密接にかかわっていると言われています。ビタミン成分が身体に不足すると、皮膚病が治りにくい、皮膚が乾燥する、などの影響が出て来ると言われています。

たとえば、ビタミンB3が不足していると、皮膚が日に焼けたようにほてる、赤くなる、熱くかゆくなるなどの影響があると言われています。また、発疹、水泡ができる。次第に褐色になる。手の甲、膝、腕に対照的に発祥する、手の甲の皮膚が荒れ、鱗状になるなどの影響がでると言われています。

また、ビタミンB5が不足すると、皮膚が弱る、ただれる。皮膚の保湿性、弾力性が低下するなどの影響が出ると言われています。また、ビタミンB6が不足すると、皮膚がただれる、湿疹がでる、じんましんができやすい、アトピー性皮膚炎になりやすいなどの影響があります。

また、現代人は食べ物が偏っていると言われています。たとえば、食べ物そのものにビタミン、ミネラルが不足している、偏食である、腸内に悪玉細胞が多いなどの影響があります。また、食べ物にミネラル、ビタミンが不足していると、野菜の大量生産、大量消費という現実もあります。つまり、科学肥料の使用や促成栽培によって、安定した生産量を確保してきたために土地自体がやせてしまって、昔の栄養豊富な土壌ではなくなってしまったということです。