さて、ビットコインにおいて、暗号化とハッシュはどのように使われているのでしょうか?

そもそも、ビットコインのデータには、自分がもっているビットコインの額などが公開鍵暗号のかたちで記載されています。ブロックチェーンの中には、それぞれのビットコインの所有者の「公開鍵」と、前のブロックの取引者の「電子署名」がふくまれます。電子署名は、元となるデータ(ここでは取引情報)のハッシュを、署名者の秘密鍵で暗号化したものです。取引をするたびに、前のブロックの中にある「前のブロックに書き込まれた公開鍵」を自分の秘密鍵で暗号化し、それが「電子署名」として蓄積されていきます。

前のブロックの情報を使って署名するため、ブロックのつながりを詐称するには、詐称したブロックから先の内容がすべて詐称されていないと正当とは見なされません。問ベージで述べたように、ビットコイン・ネットワークは「最長のブロックチェーンの情報が正しいものである」として認識するのですが、ブロックチェーンが生み出される速度より早く詐称し続けるのは現実的でなく、このことが信頼性の担保につながっています。

また、実際にデータをすべて照合するのは困難であるため、照合するのは各データのハッシュ同士です。ハッシュの照合は、小さな容量で高速におこなえるので、運用効率が上がります。

重要なのは、こうしたしくみはどれも決して最新技術ではなく、ネットワーク上での取引では従来からふつうに使われている、ごくごくありふれた技術である、ということです。そのありふあおれた技術を組み合わせ、「マイニング」という射幸心を煽るしくみをも採り入れることで、ビットコイン・ネットワークは、他の決済システムに対してユニークな存在になった、といえるでしょう。

ビットコインの価格、購入、投資はBIT365